家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット) 本 Epub無料

家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット)

05/06/2020 01:50:58, , 工藤 律子


家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット) は 工藤 律子 によって作成されました 各コピー0で販売されました. Le livre publié par manufacturer. Il contient 72ページ pages et classé dans le genre genre. Ce livre a une bonne réponse du lecteur, il a la cote 3.8 des lecteurs 2. Inscrivez-vous maintenant pour accéder à des milliers de livres disponibles pour téléchargement gratuit. L'inscription était gratuite.

平均的な顧客フィードバック : 3.8 5つ星のうち(2人の読者)
ファイルサイズ : 27.02 MB

家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット) 本 Epub無料 - 内容(「BOOK」データベースより) ストリートチルドレンという言葉が、ようやく「聞き覚えのある言葉」になりはじめている。だが、まだストリートチルドレンとはどんな子どもたちなのかよくわからない、みな路上に放りだされた孤児や捨て子だろう、と思っている人が多いことも事実だ。果たして、「路上の子どもたち(ストリートチルドレン)」はみな、親がいないのだろうか?親に捨てられ、家をでてきたのだろうか?ずっと路上で寝起きしているのだろうか?―それぞれの国や地域、子どもの状況を知ることを通して、私たちは、路上の子どもたちが、国によっても、子ども一人ひとりによっても、少しずつ異なる現実を生きていることを、理解しなければならない。そうしてはじめて、路上の子どもたちの素顔がみえてくる。 内容(「MARC」データベースより) マニラ首都圏ストリートチルドレンの実態、心の支えを取り戻すためのNGOの活動などをルポ。政府の対応策や隣人として日本人が目指すこともまとめる。以下は、家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット)に関する最も有用なレビューの一部です。 この本を購入する/読むことを決定する前にこれを検討することができます。
ストリートチルドレン」という言葉は今は世界中で使われそれを扱った専門書や参考書はあまたある。しかしながら本書のような分かりやすい言葉と文章構成であえて現状を簡潔に書くことで読者に「考えさせる」ことをさせてくれるものは少ない。このような問題の入門書として中学生や高校生にももちろん、理論や統計データにとらわれすぎて本質を見失いがちの人達にもオススメしたい。幼い彼らの素直な言葉の奥に、答えがあるような気がする。

家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット)の表紙

によって

3.8 5つ星のうち 2 人の読者

ファイル名 : 家族と生きる意味-フィリピン-マニラのストリートチルドレン-jula-booksブックレット.pdf