コールマン博士は知っていた さらに的中していく〈世界経済〉戦慄予言 によって ジョン・コールマン PDFで

コールマン博士は知っていた さらに的中していく〈世界経済〉戦慄予言

05/05/2020 10:41:19, , ジョン・コールマン


コールマン博士は知っていた さらに的中していく〈世界経済〉戦慄予言 は ジョン・コールマン によって作成されました 各コピー1712で販売されました. Le livre publié par manufacturer. Il contient 256ページ pages et classé dans le genre genre. Ce livre a une bonne réponse du lecteur, il a la cote 4.8 des lecteurs 3. Inscrivez-vous maintenant pour accéder à des milliers de livres disponibles pour téléchargement gratuit. L'inscription était gratuite.

平均的な顧客フィードバック : 4.8 5つ星のうち(3人の読者)
ファイルサイズ : 22.21 MB

コールマン博士は知っていた さらに的中していく〈世界経済〉戦慄予言 によって ジョン・コールマン PDFで - 内容紹介 株価暴落、デリバティブ崩壊、巨大金融機関の破綻、石油・金の高騰、警告のすべてが現実となってしまった・・・・・・なぜコールマン予測は正確なのか?300人委員会の黒い野望を解析すれば、国際マネーの未来など、たやすく見通せるのだ! 内容(「BOOK」データベースより) 株価暴落、デリバティブ崩壊、巨大金融機関の破綻、警告のすべてが現実となってしまった…なぜコールマン予測はかくも正確なのか?300人委員会の黒い野望を解析すれば、国際マネーの未来など、たやすく見通せるのだ。さらに的中していく“世界経済”戦慄予言。 著者について ジョン・コールマン博士1935年英国生まれ。元・英国軍事諜報部第6課(MI6)将校。任地アフリカでの諜報活動中、英国王室と諜報機関が「300人委員会」を中核とする闇の世界権力の忠実な道具であり、全世界人類と諸民族国家の敵である事実を偶然に入手した秘密文章によって知り、MI6を脱出、1969年にアメリカに移住、帰化。以後30余年にわたって300人委員会等の活動を徹底して暴露、警告を続けている。英国軍事諜報部は「裏切り者」は容赦なく抹殺する組織であり、博士も報復として資産、年金、保険等を剥奪され、著作には妨害工作剽窃、誹謗中傷が執拗に繰り広げられている。また2001年以降は、ELF放射線を使用と思しき攻撃が博士の自宅にもなされ、深刻な健康被害をこうむっている。太田 龍昭和5(1930)年、樺太生まれ。平成3(1991)年以降、全人類を世界人間牧場に収監しようと企図するユダヤフリーメーソンを中核とした超巨大勢力による新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)構想の危険性を看破し、警鐘の乱打を続けている。現在、天寿学会、文明批評学会、週刊日本新聞、日本義塾主宰。海外の貴重な文献を渉猟して日本に紹介する活動を精力的に展開し、著書・訳書多数。 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) コールマン,ジョン 1935年英国生まれ。元・英国軍事諜報部第6部(MI6)将校。任地アフリカでの諜報活動中、英国王室と諜報機関が「300人委員会」を中核とする闇の世界権力の忠実な道具であり、全世界人類と諸民族国家の敵である事実を偶然に入手した秘密文書によって知り、MI6を脱出、1969年にアメリカに移住、帰化。以後30余年にわたって300人委員会等の活動を徹底して暴露、警告を続けている。英国軍事諜報部は「裏切り者」は容赦なく抹殺する組織であり、博士も報復として資産、年金、保険等を剥奪され、著作には妨害工作剽窃、誹謗中傷が執拗に繰り広げられている。また2001年以降は、ELF放射線を使用と思しき攻撃が博士の自宅になされ、深刻な健康被害をこうむっている 太田/龍 昭和5(1930)年、樺太生まれ。平成3(1991)年以降、全人類を世界人間牧場に収監しようと企図するユダヤフリーメーソンを中核とした超巨大勢力による新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)構想の危険性を看破し、警鐘の乱打を続けている。現在、天寿学会、文明批評学会、週刊日本新聞、日本義塾主宰。海外の貴重文献を渉猟して日本に紹介する活動を精力的に行ない、著書・訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)コールマン博士は知っていた さらに的中していく〈世界経済〉戦慄予言を読んだ後、読者のコメントの下に見つけるでしょう。 参考までにご検討ください。
1929年の米国株暴落や1990年代の日本株の暴落、2008年のリーマンショックは自然発生的なものではなく米国の1%金融寡頭勢力によって綿密に計画されたものだという。 株式、債券。通貨、金やダイヤモンドの値段は市場によって決められているのではなく彼らの恣意的な判断によって決められているという。 1990年に米国は破産寸前であったが日本株の暴落によって50兆円の売買益が米国に移転して破たんを救ったという。 1999年にも米国は再び破産の危機にあったが財政破たんしていると見られた日本から6000億円の奇跡の投資があり救われたという。 おそらく米国財務省の要請を受けて日本財務省が緊急支援したものと思われる。 日本は低金利に誘導して米国の高利回りの債券を買い続けたのである。 ギリシャの国家破産はドイツ銀行の破綻につながる。 ドイツ銀行一行だけでの6000兆円の負債は世界のGDPでドイツのGDPの10倍である。 国家が介入するにしてもドイツ銀行を救えるのであろうか。 欧米共に瀕死の状態である。 欧米が世界の覇権国家から滑り落ちるのは時間の問題である。 次の覇権国家はどこなのか。 300人委員会が決めるようである。

コールマン博士は知っていた さらに的中していく〈世界経済〉戦慄予言の表紙

によって

4.8 5つ星のうち 3 人の読者

ファイル名 : コールマン博士は知っていた-さらに的中していく-世界経済-戦慄予言.pdf